MENU

ブロックチェーンとは?投資に関心のある初心者の方向けに特徴をご紹介します

ブロックチェーンとは、デジタルデータ(個人情報、取引契約履歴など)の情報を従来よりも強固な仕組みで守るために生まれたものです。ブロックは情報を管理するための入れ物、チェーンはその箱を時系列上に繋ぎ合わせておくことを意味します。この技術を応用して様々なビジネスチャンスが広がりを見せています。現状ではまだ広く大衆に認知されていなくても、徐々に浸透していく流れにはなるでしょう。そうなる前にブロックチェーン技術に関して理解しておくことが、ライバルに遅れをとらずに利益を獲得できる下準備になります。そんなビジネスの視点からブロックチェーンを理解したいと考えておられる方向けにわかりやすく解説していきます。

目次

ブロックチェーン 技術

時代はweb2.0からweb3.0へ

 現在、私達が利用しているインターネットの仕組みは、web2.0が主流となります。web2.0の特徴は、情報の発信と受信を誰でも利用可能な点です。例えばwebサイト作成、YouTube動画、Twitter、Facebookなどを通じて誰でも気軽に発信ができるようになったことが挙げられます。
 web3.0の特徴は、データ管理を個人が行っていく点です。現在のweb2.0の世界ではAmazon、Twitter社、Facebook社(メタ社)、Googleをはじめとした大企業(ビッグテック)が人に関するデータを半ば独占的に取得・所有し活用しています。結果としてプライバシーやセキュリティー上のリスクを発生させてきました。こうしたデータをネットワーク上で分散管理することで、さまざまな課題を解決することを目指しています。

どんなプログラミングで作成するのか

 主に、ブロックチェーンを作成するために使用されているプログラミング言語は「Javascript」と「Solidity」です。

  ・「Javascript」最も多くのブロックチェーンを生み出している言語です。

  ・「Solidity」Javascriptの言語に似ているためブロックチェーンを生み出す際に使用しやすい言語です。

マイニング計算による情報管理

 データをブロックに保管する前に必要な作業として、データの情報の整合性を確認する必要があります。その存在がマイニング計算をするマイナーと呼ばれる人達です。デジタルデータの移動や変更が必要になった際に、ガス代と呼ばれる手数料を報酬としてマイナーに支払うことで仕組みが成立しています。

ブロックチェーンによるNFTの活用

唯一無二のデジタルデータ

 デジタルデータは、複製や改ざんによって、不正利用が簡単に誰もが行うことが可能です。そのため、お金を支払ってまでデジタルデータを入手する必要性が無い状況です。この状況を改善するために、複製や改ざんが不可能な仕組みが考えだされたのです。それが、ブロックチェーンを応用して可能になりました。

企業も個人も投資可能

 デジタルデータに対する価値が引きあがることによって、新しいビジネスチャンスが    訪れています。企業や個人が、希少価値の高いNFTデータを用いた作品やサービスを作ることによって、大きな利益を獲得することが可能となります。

ブロックチェーン を理解するためのおすすめ本

ブロックチェーンを理解するためにおすすめの本は下記です。

・WHY BLOCKCHAINなぜブロックチェーンなのか?

ビジネス視点で今後どのような可能性があるのかを詳細に書かれている本です。


・あなたの会社もブロックチェーンを始めませんか?

どんなプロジェクトが進められてきたのかを実際に行われたものを元に解説されています。  

ブロックチェーンゲーム のランキングで選ばれるゲーム

ブロックチェーンゲームは、仮想通貨を開設しなくても無料で遊ぶことができるゲームも存在しています。その中でも特に選ばれる人気ゲームからお気軽に始めてみましょう。スマホやパソコンから無料でダウンロードできます。

・クリプトスペルズ「カード型の対戦ゲームで初めから無料のデッキが使用可能になります。映像のクオリティと戦略性の高いゲームです」

・マイクリプトヒーローズ「歴史上の人物を題材とした対戦ゲームです。個人プレイ、協力プレイさらに大会やイベントも実施されます」

・ザサンドボックス「新しい仮想空間と体験できるマインクラフト的なゲームです。謎解き、収集、ゲームやキャラクターの作成などをして遊びます」

ブロックチェーンが生み出した新たな通貨システム

仮想通貨とは何か

 通貨と言えば、国や銀行が管理することによって、様々な経済政策や対策を行われています。そのお陰で、通貨に対する信用は、維持することができ、私達は利用することに対して抵抗がありません。では、仮想通貨は一体誰が管理しているのか。国や銀行ではありません。私達自身が通貨の管理者なのです。国や銀行の屋台骨が怪しくなったとしても全く影響を受けない新しい資産です。

仮想通貨を管理するために必要なウォレット

 仮想通貨で支払いをするためには、インターネットに対して接続して資金を相手に送る必要があります。この資金を安全に管理しておかなければ、すぐにサイバー攻撃を受けてしまう可能性があり非常に危険です。この管理するために必要とされるのがウォレットです。

様々なブロックチェーンの種類

国内・海外を問わず仮想通貨の取引所は数多く存在しています。この取引所は、 ブロックチェーンによる仕組みで作られています。(ビットコインやイーサリアム等)この取引所の仕組み自体は、大きく3種類に分けられます。

・パブリック型(参加人数に規制がなく、多くの人が取引が可能)
・プライベート型(管理者が存在し、参加者が限定されている)
・コンソーシアム型(複数の管理者によって運営されている)

   

  • URLをコピーしました!
目次