MENU

ブロックチェーンとは何か?ブロックチェーン事業を行っている企業の特徴を投資に興味のある初心者の方向けにご紹介します!!

ブロックチェーンの技術が注目を浴びて盛り上がりを見せていてその流れは年々増加傾向にあります。
当初は、仮想通貨だけのために生み出されたブロックチェーンの技術ですが、決して他で使えないような限定された代物ではありません。
従来から問題視されていて中々解決できなかったことであっても、ブロックチェーンを使用すれば業務効率だって飛躍的に上昇します。
ただ、どれだけ話題になっても私達の生活に直接影響を及ぼすほどの状態ではありません。でも、国内・国外を問わず世界中の企業が参入している以上このまま知らないでいるわけにもいきません。
そこで今回は、年々注目度が増しているブロックチェーンを実際に利用している企業に関して、投資に興味のある初心者の方向けにご紹介していきます。

目次

ブロックチェーンとは何か?

ブロックチェーンとは、取引履歴をブロックごとに暗号化して、時系列に並べてチェーン上に繋いで情報を管理することを指します。特定の企業が一括管理する中央集権型の方法ではなく、コミュニティに参加している参加者全員による情報共有によって管理します。

企業がブロックチェーンに注目する理由は?

中央管理者としての情報管理費用の削減

 企業が主体となって情報を管理する中央集権型の方法は、膨大な量の情報を1カ所のサーバーにおいて集中管理することになります。このサーバー自体に掛かる費用も大きな金額となるため負担が掛かってしまいます。しかし、ブロックチェーンを利用した非中央集権型であれば膨大な量の個人情報を1カ所ではなく、分散して管理することができます。そのため情報管理に必要な費用を削減することに繋がります。

セキュリティ能力が高い

 中央集権型の情報管理は、膨大な量の情報を1カ所で管理しているためハッカー攻撃の対象として狙われてしまう危険があります。実際に企業からの情報漏洩のニュースは時々耳にすることがあるはずです。

しかし、ブロックチェーンの技術を利用すれば暗号化技術、P2P、分散型台帳などの情報管理システムにより、改ざん不可能なレベルにまでセキュリティ体制を強化することができます。

情報の透明性が高く信頼性がある

 取引履歴の情報は中央集権型の場合だと企業が管理していて外部からは確認することができない秘密情報となります。そのため保有している情報に不都合が生じた場合には、勝手に改ざんなどの不正行為を行うことが可能でした。

しかし、ブロックチェーンにおいては取引履歴などの情報は、誰でも閲覧可能な状態になっています。そのおかげで情報に対する高い透明性をアピールすることができ、信頼を勝ち取ることができます。

実際に利用している企業の特徴や種類

コインチェック株式会社

 「新しい価値交換を、もっと身近に」を掲げて2012年8月に設立され  たコインチェックサービスを行う会社です。事業内容としては主に、仮想通貨の代表であるビットコインの購入・売買・送金などを手がけています。取り扱う仮想通貨の種類が多く国内で1位の仮想通貨取引所として認識されています。

株式会社スマートアプリ

 「ブロックチェーンサービスで革新的な経験を世の中に」を掲げて  2015年に設立された会社です。主にNFT商品を取り扱っています。

 NFT商品の販売を促進する場所を提供していて、NFT作品を作るクリ エイターを支える事業として展開しております。

 

株式会社クリプタクト

 「わたしたちのサービスを通して、ひとりでも多くの人達が自分で決断し行動し、そして解決できる、そのような会社を作りたい」という 想いを掲げて2018年に設立された会社です。主な事業内容が、ブロックチェーンによる次世代金融商品の開発と暗 号資産の投資支援プラットフォームの運営です。

 

スタートバーン株式会社

 「新時代のアート流通・評価のインフラ構築、アートの可能性拡大」 を掲げて2014年に設立された会社です。主な事業内容は、アート作品 に対する作品証明書の発行である「Startbahn」です。

 

 不正行為や紛失の危険が無い作品証明書発行・来歴証明ができる内容です。この証明書を発行することにより、作品が現在どこの誰の手に 渡っているかまでを追跡することが可能となり、永久的に作品としての価値を保つことに繋がります。

株式会社フィナンシェ

 「10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現」を掲げて2019年に設立された会社です。主にNFT関連、クラウドファンディング2.0サービスであるFiNANCiEを行っています。NFT作品を作るクリエイターを支えるためにNFTの発行・販売・企画・運用などと幅広い動きをすることで多くの人間の活躍を応援しています。

まとめ

ブロックチェーン技術には現状の企業が抱えている悩みを解決する手段が含まれています。それは、主に情報管理に対しての改善です。中央集権型の方法が企業の基本的な形として当然でしたが、その仕組みに縛られているために様々なデメリットを受けることになっていました。

そんな中で登場したブロックチェーンの仕組みは、新しいビジネスチャンスを企業側が見出すきっかけにもなり、多くの企業が参入する流れです。今後も様々な取り組みが行われ、今まで体験することが無かった素晴らしい事業を起こす会社が登場するかもしれません。

 

  • URLをコピーしました!
目次