MENU

仮想通貨(暗号資産)の種類は?今おすすめの銘柄やこれから伸びる銘柄など

「仮想通貨を買ってみたいけど、どの種類の銘柄に投資したらいいのだろう?」「将来性のある、これから伸びる銘柄はどれだろう?」と、お悩みの方が多いのではないでしょうか。

この記事では、仮想通貨の種類について、おすすめの銘柄や将来性のある銘柄を、初心者でもわかるように解説します。

目次

仮想通貨(暗号資産)とは?

  想通貨とは、インターネット上でやり取りができる暗号技術が使用された世界共通の電子データ資産です。不特定の者や企業間で、物やサービスの支払いに使用できます。専門の取引所では、円やドル、ユーロ、ウォンなどの法定通貨と相互に交換することもできます。

現物がない資産のため、通貨のような国の保証はありません。法定通貨ではなく、支払手段の一つとして定義されています。そのため、ブロックチェーンという仕組みで不正取引を防止しています。取引記録は、公開鍵暗号やハッシュ関数などの高度な暗号技術が使われているため、改ざん不可能で安全な仕組みとなっています。

仮想通貨の種類を選ぶポイント

 仮想通貨には、現時点(2022年6月時点)で10,000種類以上の銘柄が存在しているといわれています。かなりたくさんの種類がありますよね。この中から、どのようにして購入する通貨を選んだらよいのか、選ぶときのポイントを解説します。

将来性があるか

仮想通貨の種類を選ぶ際に一番重要なのは、「将来性があるか」ということです。投資のために仮想通貨を保有するのであれば、将来価値が上がるものを買いたいですよね。将来性を見極めるためには、各仮想通貨の開発目的を見極める必要があります。決済や送金など、仮想通貨によって開発目的が異なるため、下調べをしましょう。現在は低迷している通貨でも、今後は何倍も伸びる可能性があります。将来の価値を期待できるか見極めて選びましょう。

国内の取引所で取扱いがあり、上場しているか

 日本国内の取引所で販売できる通貨は、金融庁に登録されており、安全性が高いといわれています。海外取引所の方が取扱っている種類がはるかに多いですが、中には安全性や将来性が不安な通貨も混ざっています。そのため、初心者の方や不安な方は、国内の仮想通貨取引所で取り扱っている銘柄を選択することをおすすめします。

流動性のある通貨か

取引が多く行われており、流動性の高い銘柄を選ぶことも重要です。流動性が高い通貨でなければ、売買したいタイミングで取引できない可能性があるからです。売りたいときに買い手がつかないと、狙ったタイミングで手放すことができません。ビットコインは特に人気で流動性が高い銘柄です。取引量の多さもしっかりとチェックしましょう。

これから伸びる将来性あるおすすめ銘柄

ビットコイン(BTC)

   ビットコインは、世界初の歴史ある仮想通貨です。「サトシ・ナカモト」と名乗る人物の構想から運用がはじまりました。何万種類とある仮想通貨の中で、最も時価総額が高く、著名人や投資家がこぞって保有する人気の銘柄です。決済や支払いが目的で開発され、実際にビットコイン決済ができる店舗が世界中で増加しています。

イーサリアム(ETH)

   アルトコインの中で最もメジャーな銘柄です。ビットコインの次に時価総額が高く、日本国内でも多く取引されています。2013年にヴィタリック・ブテリン氏が考案しました。スマートコントラクト機能を備えており、ブロックチェーン上で複雑な取引や契約が行えます。ビットコインよりも短時間で速く大量の取引を行うことが可能です。イーサリアムは仮想通貨の送受信だけでなく、分散型アプリケーション(dApps)の開発プラットフォームになることを目的として開発されました。

リップル(XRP)

リップルは「リップル社」が銀行間の送金を目的に開発した仮想通貨です。リップルはブロックチェーンによる分散処理ではなく、バリデーターという承認者の多数決で合意されます。そのため、数ある仮想通貨の中でも処理コストが安く、取引時間も数秒で完了します。国際送金に特化し、活躍しています。40カ国・6大陸の300以上の金融機関が参加し、多くの国で注目を集めています。

ライトコイン(LTC)

ライトコインは2011年10月に「チャーリー・リー」によって開発された、ビットコインをベースにした仮想通貨です。決済手段を目的に開発されました。ビットコインの問題である「処理速度」や「手数料の高さ」を解決できるように作られたため、ビットコインよりも速く取引が完結できます。最近ではNFTの発行やスマートコントラクトの作成が可能になり、どんどん進化を遂げています。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュとは、ビットコインからハードフォーク(ブロックチェーンの分岐・仮想通貨のアップグレード)した仮想通貨です。ビットコインの取引が急増したことで、未処理の取引が増えたり、処理速度が低下し手数料が高騰すといった問題を解決するために開発されました。そのため、処理速度のスピードと手数料の安さが特徴です。2017年に誕生した歴史の浅い銘柄ですが、積極的な普及活動によりビットコインキャッシュの経済圏拡大が行われています。今後の将来性に期待したいですね。

おすすめの仮想通貨は?

今おすすめの仮想通貨は「ビットコイン」です。時価総額が高く、将来性もあります。現在は価格が暴落していますが、長期で見たら買い時と読む人もいます。仮想通貨の投資が初心者の方や、何を買ったらいいか迷って困っている人は、まずはじめにビットコインから始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の始め方は?

仮想通貨の種類と人気ランキングが分かったところで、次は仮想通貨取引所を選びましょう。国内の取引所をおすすめします。取り扱っている通貨の種類やかかる手数料、アプリの使いやすさ、安全性などから自分好みの取引所を選択します。取引所を決めたあとは公式サイトにて会員登録をし、口座開設をしましょう。開設口座に日本円を入金すると、仮想通貨の取引ができるようになります。各取引所によって異なりますので、ご自身が登録した取引所の解説を確認してください。 

ビットコインとアルトコインの違い

ビットコイン意外の仮想通貨(暗号資産)の総称を「アルトコイン」といいます。Alternative Coin(代替のコイン)の略語です。全世界で 10,000種類以上の仮想通貨が存在しているといわれています。代表的なアルトコインは、イーサリアム、リップル、ライトコインなどです。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)には多くの種類があることが分かりましたね。国内で取り扱っている安心安全な銘柄の中で、将来性があり、取引数が多いおすすめで人気の通貨を選びましょう。気軽にネットで取引ができる仮想通貨ではありますが、しっかりと下調べを行い、リスクを理解したうえで購入しましょう。仮想通貨という新しい趣味を楽しんでみるのもいいですね。

  • URLをコピーしました!
目次