MENU

おすすめの仮想通貨!人気銘柄5選・人気取引所5選

世界中には約10,000種類以上の仮想通貨が存在すると言われています。仮想通貨を購入しようとする人が増えていますが、初心者の方は「どの仮想通貨を買えば良いかわからない」「どこで仮想通貨を買ったらいいかわからない」とお困りではないでしょうか。今回は、仮想通貨と取引所の選び方について解説したうえで、初心者の方におすすめの人気銘柄5選と、おすすめの仮想通貨取引所5選を紹介します。

目次

仮想通貨(暗号資産)とは?

仮想通貨とは、紙幣や硬貨の実体がなく、インターネット上で取引される電子データ資産のことをいいます。仮想通貨は高い暗号技術によって成り立っており、仮想通貨の取引データはすべて暗号技術でデジタル署名されます。偽造などの問題を防止し、データの正しさと安全を守っています。

仮想通貨は日本円や米ドルなどの法定通貨と違って、中央政府や銀行のような公的な管理主体がありません。仮想通貨のユーザー同士で管理し合うようになっています。

仮想通貨の銘柄を選ぶポイント

仮想通貨には多くの種類があり、現時点(2022年6月時点)で10,000種類以上の銘柄があります。この多数の通貨から、どの通貨を購入したらよいのか、選ぶポイントを解説します。

 

将来性があるか

仮想通貨の種類を選ぶ際に一番重要なのは、「将来性があるか」ということです。投資のために仮想通貨を保有するのであれば、将来価値が上がるものを買いたいですよね。

将来性を見極めるためには、各仮想通貨の開発目的を見極める必要があります。決済や送金など、仮想通貨によって開発目的が異なるため、下調べをしましょう。

現在は低迷している通貨でも、今後は何倍も伸びる可能性があります。将来の価値を期待できるか見極めて選びましょう。

 

国内の取引所で取扱いがあり、上場しているか

 日本国内の取引所で販売できる通貨は、金融庁に登録されており、安全性が高いといわれています。海外取引所の方が取扱っている種類がはるかに多いですが、中には安全性や将来性が不安な通貨も混ざっています。そのため、初心者の方や不安な方は、国内の仮想通貨取引所で取り扱っている銘柄を選択することをおすすめします。

流動性のある通貨か

取引が多く行われており、流動性の高い銘柄を選ぶことも重要です。流動性が高い通貨でなければ、売買したいタイミングで取引できない可能性があるからです。売りたいときに買い手がつかないと、狙ったタイミングで手放すことができません。ビットコインは特に人気で流動性が高い銘柄です。取引量の多さもしっかりとチェックしましょう。

仮想通貨の人気銘柄5選

【1位】ビットコイン(BTC)

ビットコインは、世界初の歴史ある仮想通貨です。「サトシ・ナカモト」と名乗る人物の構想から運用がはじまりました。何万種類とある仮想通貨の中で、最も時価総額が高く、著名人や投資家がこぞって保有する人気の銘柄です。決済や支払いが目的で開発され、実際にビットコイン決済ができる店舗が世界中で増加しています。

【2位】イーサリアム(ETH)

アルトコインの中で最もメジャーな銘柄です。ビットコインの次に時価総額が高く、日本国内でも多く取引されています。2013年にヴィタリック・ブテリン氏が考案しました。スマートコントラクト機能を備えており、ブロックチェーン上で複雑な取引や契約が行えます。ビットコインよりも短時間で速く大量の取引を行うことが可能です。イーサリアムは仮想通貨の送受信だけでなく、分散型アプリケーション(dApps)の開発プラットフォームになることを目的として開発されました。

【3位】リップル(XRP)

リップルは「リップル社」が銀行間の送金を目的に開発した仮想通貨です。リップルはブロックチェーンによる分散処理ではなく、バリデーターという承認者の多数決で合意されます。そのため、数ある仮想通貨の中でも処理コストが安く、取引時間も数秒で完了します。国際送金に特化し、活躍しています。40カ国・6大陸の300以上の金融機関が参加し、多くの国で注目を集めています。

【4位】ライトコイン(LTC)

ライトコインは2011年10月に「チャーリー・リー」によって開発された、ビットコインをベースにした仮想通貨です。決済手段を目的に開発されました。ビットコインの問題である「処理速度」や「手数料の高さ」を解決できるように作られたため、ビットコインよりも速く取引が完結できます。最近ではNFTの発行やスマートコントラクトの作成が可能になり、どんどん進化を遂げています。

【5位】ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュとは、ビットコインからハードフォーク(ブロックチェーンの分岐・仮想通貨のアップグレード)した仮想通貨です。ビットコインの取引が急増したことで、未処理の取引が増えたり、処理速度が低下し手数料が高騰すといった問題を解決するために開発されました。そのため、処理速度のスピードと手数料の安さが特徴です。2017年に誕生した歴史の浅い銘柄ですが、積極的な普及活動によりビットコインキャッシュの経済圏拡大が行われています。今後の将来性に期待したいですね。

仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨取引所とは、仮想通貨の取引ができる場のことをいいます。基本的に、仮想通貨の購入・売却・取引が可能です。仮想通貨取引所を選ぶポイントを5つ紹介します。

手数料

 取引所によって手数料にかなりの差があるため、しっかりと吟味をしてから取引所を選びましょう。利益を出すために投資をはじめたとしても、手数料で大金をもっていかれたら本末転倒です。無料の取引所もあるので、手数料の比較は必須です。

通貨の取扱銘柄・種類

ほとんどの取引所では「ビットコイン(BTC)」と「イーサリアム(ETH)」を取り扱っていますが、その他の通貨の取扱いは取引所によって異なります。自分のお気に入りの通貨の取扱いがあるのか確認をしましょう。複数の通貨を持つことは、リスク分散するのにいいかもしれませんよ。

アプリの使いやすさ

仮想通貨の取引は、スマホのアプリを使って行うことがほとんどです。自宅だけでなく、外出先でもチェックがかかせません。いざ、売買したいという時にアプリが使いづらいと、絶好のタイミングを逃してしまうかもしれません。アプリの使い勝手も、取引所を選ぶ際の重要なポイントです。

サービスの充実

取引所によって、サービスの充実度が異なります。日々売買する方には、サービスが充実した取引所がおすすめです。サービスが良く、使いやすいと、ストレスが少なくて済みます。安さだけで選んでしまうと後悔するときが来るかもしれないので、各サービスについてもチェックをしましょう。

H3 :セキュリティ

仮想通貨の最大の驚異は、ハッキングです。実体がない電子データ資産であるからこそ、セキュリティは最も重要視する必要があります。取引所では各々にセキュリティ強化に取り組んでいますので、実績をしっかりと確認すると安心ですよ。

仮想通貨取引所おすすめ5選

1位Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、国内ではダウンロード数No.1の取引所で、仮想通貨(暗号資産)の取引所と販売所の2つのサービスを提供しています。そのため、市場での売買に限らず、コインチェックから直接購入することが可能です。また、親会社が東証一部上場企業の大手金融会社「マネックスグループ」なので、セキュリティのレベルが高く、信頼できるのも魅力的です。アプリやサイトは、初心者でも簡単に操作できるようシンプルに作られているため、スマホやPCに疎い方でも安心して使うことができます。最短10秒で500円から仮想通貨を買うことができるのも、初心者の方に人気な理由のひとつです。最短1日で取引を開始することも可能なので、試しにはじめてみたい人にもぴったりですよ。

メリット

コインチェックの最大の魅力は、取引手数料が無料なことです。ビットコインを含めた全ての仮想通貨の取引手数料が無料に設定されているため、他の取引所よりもコストを抑えることができます。また、積立機能があるのも魅力です。「Cointcheckつみたて」を利用すると、仮想通貨の積立を始めることができます。買うタイミングに迷う必要なく、少額から始めることができるので、初心者の方でも気軽に仮想通貨の投資をはじめることができます。コインチェックの取扱い通貨の種類は、国内最大級です。ビットコインをはじめとして、17種類(BTC, ETH, ETC, LSK, FCT, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT)を取り扱っています。アルトコインの取扱いが豊富で、新しい通貨の取り扱いに積極的な点も高評価です。

デメリット

デメリットは少ないですが、実際に使用した人の声から抜選した結果、レバレッジ取引ができないことと、スプレッド(買値と売値の差額)が広めに設定されていることが挙げられていました。レバレッジ取引をしたい方には不向きなので、別の取引所を利用することをおすすめします。スプレッドの広さについては、大幅な損失を出さないように注意が必要です。

こんな人におすすめ

大人気で高評価のコインチェックは、初めて仮想通貨の取引をする初心者の方におすすめです。手数料が無料な点や、積立購入ができるため、仮想通貨や投資に詳しくない人でも気軽にはじめることができますよ。

2位DMM Bitcoin

株式会社DMM Bitcoin にて、2016年11月7日に設立された仮想通貨(暗号資産)取引所です。19種類もの通貨を取り扱っており、アルトコインのレバレッジ取引は国内No.1です。DMM Bitcoinは「取引所」ではなく、「販売所」に該当します。

¥メリット

DMM Bitcoinはビットコインを含め、19種類もの暗号資産(仮想通貨)取引が可能です。さらに、レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類は、国内1位です。取扱っているのは、

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、トロン(TRX)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラ・ルーメン(XLM)、イーサクラシック(ETC)、オーエムジー(OMG)、エンジンコイン(ENJ)、ベーシック アテンション トークン(BAT)、モナーコイン(MONA)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、アイオーエスティー(IOST)、テゾス(XTZ)、ネム(XEM)、クアンタム(QTUM)、シンボル(XYM)、以上の19種類です。

また、口座開設手数料や暗号資産入出金手数料などの様々な手数料が無料です。初心者の方でも、手数料を気にすることなく安心して取引を行うことができます。分からないことやお困りの場合は、365日(土日祝日含め)お問い合わせフォームとLINEでお客様の声を受け付けており、サポート体制が整っています。セキュリティ面についても管理がしっかりされているため、安心安全です。

デメリット

DMM Bitcoinは販売所形式の仕組みをとっているため、スプレッドが広く設定されており、予想価格と実際の購入価格の差が大きくなってしまう可能性があります。大きな損失を出さないように、注意する必要があります。

こんな人におすすめ

レバレッジ取引を行いたい人には、DMM Bitcoinがおすすめです。他の取引所に比べてレバレッジ取引できる銘柄が多いため、効率的に運用したい方にはぴったりですよ。手数料が無料で、サポート体制が充実しているため、初心者の方にも人気があります。

3位bit Flyer(ビットフライヤー)

bit Flyer(ビットフライヤー)は、株式会社bit Flyerが運営している仮想通貨取引所です。ビットコインの取引量は、6年連続でNo.1です。テレビCMが特徴的なので、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

メリット

友達紹介キャンペーンやビットコイン還元キャンペーンなど、様々なキャンペーンを開催していることが多く、タイミングによってはお得に口座開設をすることができます。販売所の売買手数料やビットコインFX の取引手数料、三井住友銀行からの振込手数料等は無料です。また、1円からでも売買が可能なので、初めての方でも簡単に、安心して取引をはじめられます。セキュリティ面にも自信があり、業界最長の7年以上、ハッキング0です。この実績は非常に安心感がありますよね。積立購入やTポイントからの交換制度もあり、機能面も充実しています。

デメリット

bit Flyer(ビットフライヤー)のデメリットとして、振込手数料が高いことが挙げられます。三井住友銀行を利用している人は手数料が安いですが、その他の金融機関を使っている人は手数料が高額です。頻繁に入出金する売買頻度が高い人には向かない取引所です。

こんな人におすすめ

手数料が高めなので、頻繁に取引をしない人におすすめです。少額から取引したい人や、積立購入をしたい人、セキュリティ面を重視する人にもおすすめです。

4位GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企GMOインターネットグループのGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2022年には、2年連続でオリコン顧客満足度No.1を獲得した、人気の取引所です。GMOインターネットグループの金融ノウハウを活かし、万全のセキュリティと管理体制があるため、安心して取引ができます。

メリット

GMOコインは、即時入金の手数料や、日本円の出金、ビットコインの引き出し手数料が無料なので、手数料を気にすることなく快適に利用できます。取扱銘柄数は国内No.1で、ビットコインを含め21銘柄を取り扱っています。現物取引だけでなく、レバレッジ取引も可能なので、取引の自由度が高く扱いやすいです。

デメリット

GMOコインは最低出金額が1万円からなので、1万円以上ないと出金ができません。他の取引所よりも割高で、初心者の方だと1万円以上を作るのは大変です。他の取引所のデメリットでも挙げられていますが、GMOコインもスプレッドが大きく使いづらいことが難点です。購入価格と売りの価格の差の変動が激しく、利益を得るのが難しくなります。また、日中のメンテナンスが多く、アクセスできずに不便を感じている人も多くいました。メンテナンス時間に注意して取引する必要があります。

こんな人におすすめ

取扱銘柄数が国内トップなので、様々な種類の銘柄で取引をしたい人におすすめです。それぞれの銘柄の特徴を押さえ、自分にぴったりの銘柄で取引をしたいですね。

5位楽天ウォレット

楽天ウォレットは、楽天グループが運営する仮想通貨取引所です。楽天ユーザーに嬉しいサービスや機能が盛りだくさんなので、楽天に馴染みのある人に使いやすい取引所です。アクセス検知や本人認証など、セキュリティ対策もしっかりしているので安心です。

メリット

楽天グループが運営しているため、楽天ポイントを仮想通貨(暗号資産)に交換することができます。そのため、現金で購入するのが不安な方や、お試しで仮想通貨の取引をしてみたい人が気軽にチャレンジできます。また、保有している仮想通貨を楽天キャッシュにチャージして、楽天市場などで買い物に使うことができます。仮想通貨を簡単にキャッシュに変えられるのは嬉しい機能ですよね。

デメリット

取扱銘柄の種類が5種類しかなく、ほかの取引所と比べて少ないことが難点です。また、楽天ウォレットは「販売所」の取引形態をとっているため、投資家同士の売買成立ができません。そのため、コストが多くかかってしまうので、取引に慣れている投資家には向いていません。

こんな人におすすめ

楽天のサービスをよく利用している人には、楽天ウォレットがぴったり。楽天ポイントや楽天キャッシュを上手に活用すれば、仮想通貨を運用しながらお得にお買い物ができますよ。普段から使い慣れている楽天グループの取引所なので、アプリも使いやすく安心感があります。

まとめ

仮想通貨を始めるには、仮想通貨の銘柄(種類)選びや仮想通貨取引所選びが重要です。取引所の webサイトは、初心者でも簡単に取引できるようになっています。しっかりと仮想通貨の勉強をしたうえで、新しい投資方法として仮想通貨をはじめてみましょう。

  • URLをコピーしました!
目次