MENU

ブロックチェーンとは何か?初心者の方が理解するのにオススメの書籍をご紹介していきます!!

ブロックチェーンという言葉を最近よく耳にされることも多くなってきました。そのため「ブロックチェーンが何なのかを理解したい」「自分達にも関係してくるのか」などの考えが関心の高い方であれば浮かんでくることでしょう。
そこで、理解するために書籍を探して読んでみようと思って調べてみると、ブロックチェーンの解説をしたものは数多く出されています。
一体どの本を最初の段階に読むべきなのかが分からずに悩んでしまって、なかなか一歩踏み出せずにいるかもしれません。
そこで今回は、数多く出版されているブロックチェーン関連の書籍の中から初心者の方が最初に読むのに最適なものを厳選してご紹介していきます。
ぜひ参考にして頂いてブロックチェーンを理解するきっかけにしていただければと思います。

目次

ブロックチェーンとは何か?

 書籍の紹介の前に、ブロックチェーンの特徴に関して簡単にご説明させて頂きます。ブロックチェーンとは「デジタルデータを安全に管理するための仕組み」のことを指します。

ブロックチェーンのブロックとは、「暗号化された情報を格納する箱」であり、この箱を時系列にチェーンで繋いで並べます。その二つの要素を合わせて「ブロックチェーン」となります。

例えば、銀行で振り込みをした場合には、その取引履歴は銀行が管理します。しかし、ブロックチェーンを使えば銀行などの特定の企業が取引履歴を管理しなくて済みます。

その取引に関連したコミュニティに参加している人間全員によって暗号化された情報を共同管理します。そのおかげで情報に対するセキュリティ面が向上して、高い信頼性を獲得することができます。

つまり、「企業が管理しなくても、安全に情報を管理することができるシステム」がブロックチェーンです。

初心者の方にオススメの書籍

「最新いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」

  著者:大塚雄介

  ・ブロックチェーンと仮想通貨は同じと考えてしまえるほどに両者の結びつきは強力です。 しかし、両者は全くの別物です。ブロックチェーンを理解するためには仮想通貨との違いを把握する必要があります。そのために本書では仮想通貨とブロックチェーンの両方に関して解説しています。

最初の段階で両者が同一とお考えの場合には、誤解を解くためにも最適な一冊となるでしょう。

「いちばんやさしいブロックチェーンの教本人気講師が教えるビットコインを支える仕組み」

  著者:杉井靖典

  本書は、実際にブロックチェーンを作成する仕事を国内でも数多くこなしてきた杉井氏が書かれたものです。難しい専門用語である  「暗号技術」「ウォレット」「スマートコントラクト」など図版を元にしてわかりやすく解説されています。ブロックチェーンに関して一から学んでいきたい方にはおすすめの内容となります。

「WHY BLOCKCHAINなぜ、ブロックチェーンなのか?」

  著者:坪井大輔

  本書は、YouTubeの中田敦彦さんのブロックチェーンの解説動画で  参考にした書籍として登場しました。この書籍は、最初の一言が印  象に残る言葉です。それは、「ブロックチェーンの本質は技術では  なく思想にある」です。ブロックチェーンと言えば、IT関連の技術という認識を持つのが普通と思えますが、著者は思想にあると最初に名言されています。

  最初の一言が他の書籍には登場しないであろう魅力を放っていま   す。本書では、現在のビジネスに与える影響から今後のビジネスの  変化を人・組織・社会の観点から未来について語っておられます。

「ブロックチェーンでできる30のこと」

  著者:瀧澤龍哉

  ブロックチェーンの基礎的な内容を説明された後に、実際の活用  例を30個ご説明していただけます。専門用語の説明だけをどれだけ読み漁っても、理解するのは中々難しいことです。故に活用例が多く掲載されている本書を読めば頭の中で利用しているイメージが定着していくため、理解するまでのスピードが変わってくることで   しょう。活用例の中には、仮想通貨だけではなく、「商品の追跡」

  「相殺決済サービス」「電力の証明」「選挙・投票」「不動産の権利管理」などの幅広い利用方法が掲載されていてとても面白い内容です。どれも私達の日常生活に対して深い関わり合いをもつものばかりです。そのためブロックチェーンは決して私達にとって関係の無い話ではないことを実感することができます。

「ブロックチェーン・レボリューション ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか」

 著者:ドン・タプスコット

   :アレックス・タプスコット

 数多くの著名の企業の人達から絶賛されたブロックチェーンを理解す るために必読の1冊になります。

 

 推薦の言葉を残した有名人

 「マーク・アンドリーセン」Facebook取締役

 「スティーブ・ウォズニアック」apple共同創業者

 「伊藤穣一」MITメディアラボ所長

 「クレイトン・クリステンセン」イノベーションのジレンマの著者

上記のような大企業であり、ブロックチェーンとも深く関わってきそうな方達にまで影響を及ぼしているのですから、一読する価値は高いでしょう。

まとめ

 数多くのブロックチェーン関連の書籍の中からぜひ自分に合ったものを探し出すための参考にしていただければと思います。確かにブロックチェーンという言葉は、現状では私達の日常生活には特に関係が無いかもしれません。

しかし、それは現段階で世間に対してブロックチェーンへの理解が広まっていないのも理由の一つでしょう。世間から一定の評価を幅広く獲得することができて、さらに技術的な課題も今後時間の経過に伴って解決されていけば、徐々に実用化への動きは強まっていくかもしれません。

そんな時代になる前に、ブロックチェーンに対して理解を深めておくことは今後重要になるでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次