MENU

ブロックチェーンが可能にした新しい通貨「仮想通貨」とは何か?投資に興味のある初心者の方向けに徹底解説!!

ブロックチェーンは、最初は、仮想通貨を生み出すために考え出された仕組みです。その為にブロックチェーンは、仮想通貨を実現するのに必要な技術という認識が強いかもしれません。

しかし、決して仮想通貨だけの技術ではありません。

そこで今回は、ブロックチェーンと仮想通貨の関係性についてご紹介していきます。

目次

ブロックチェーンとは何か

 ブロックチェーンとは、データに対する不正な改ざんや複製などを防ぐための技術です。特定の企業(中央集権型)だけで管理せずに、コミュニティーに参加している人間全てが、同じ情報を共有して管理します。

 情報をブロック状の箱に保管して、時系列上に繋げて並べます。

 このデータを改ざんするためには、共同参加者の全てのパソコンに対 して行う必要があります。

 しかも、時系列上に繋がっている情報の全てに対しても行わなけれ  ばいけず非常に困難を極めます。これは、参加者自身にとって取り消したいデータが存在したとしても、消すことができないことを意味します。

 データを持っているのが自分だけではなく、他の参加者が同様のデー タのコピーを管理しているからです。中央集権型のように特定の企業が一括管理している場合だと都合の悪いデータを削除することは可能です。

 

 その体制と比較した場合に信頼度が大きく異なってきます。

 

ブロックチェーンと仮想通貨の誕生

 ブロックチェーンの名前が、世の中に出てきたのは2008年のことで す。仮想通貨を成立させるための技術として提案されました。発案者 は、サトシ・ナカモト氏という方ですが、一体どのような人物なのかは判明していません。

 

 ※ただ、サトシ・ナカモトという名前が載っているだけの論文が発表されるのみで本人は登場していない為に正体が不明のままです。

 仮想通貨の目的は、政府や銀行などの中央集権型の組織に左右されない非中央集権型の通貨を誕生させることでした。通貨というのは、従 来は国や銀行が発行して管理をするものです。

しかし、国や銀行であっても決して破綻しないわけではありません。

そんな危機的状況が訪れたときに私達の財産は一瞬で奪われてしまいます。

このような事態が発生したとしても影響を受けない安心・安全な通貨を作るために考えだされた技術がブロックチェーンであり、その技術を応用してできたのが仮想通貨です。

最初の仮想通貨はビットコインであり、サトシ・ナカモトは、ブロックチェーンとビットコインを生み出した人物になります。

仮想通貨のメリット

「金融機関の運営の影響を受けない」

  私達が金融機関を利用して支払いをする際には、営業時間内に銀行  もしくはATMのある場所まで行く必要があります。

  

  しかし、仮想通貨の場合は、営業時間の縛りはなく24時間365日、  どのタイミングでも支払うことが可能です。支払い方法もネット経由のため場所に縛られることもありません。

  自宅に居ながらでも支払えます。これは、ブロックチェーンを応用した技術の一つであるDefi(分散型金融)による仲介者である金融機関を通さずに、直接購入者と販売者がお金のやり取りが可能なためです。

 

  銀行が不要な取引のため、銀行口座を開設できないでいる貧困層の  人達にも参加が可能な仕組みでもあります。

「国や銀行の経営状況に左右されない」

  国や銀行が発行している通貨というのは、当然ながら国と銀行の  経営状況の影響を受けます。国単位での財政危機のニュースも現在  では決して珍しい話ではありません。

  そんな事態が発生した場合には、私達の所有している財産は失われ  る危険があります。しかし、仮想通貨の場合は国や銀行が関わっていない独自の通貨のため、そのような危機に瀕しても財産を守ることが可能です。

仮想通貨のデメリット

「取引で発生した問題は全て自己責任」

  仮想通貨の取引は、ブロックチェーンを応用したシステムで運営しているため、特定の企業がいない状況です。そのため大きな損害が発生したとしても保証は期待できません。

  

  さらに、そのような問題が発生するかもしれない状況に陥ったとしても問い合わせる先も無く、基本的には自己解決をせざるをえません。

「価格が変動しやすい」

  仮想通貨の利用者は、世界中の人間が参加しているため価格に大きな変動が起きやすい状況です。一番値段が上がるタイミングを見計らって売るためには、常に状況を把握し続ける必要があります。

まとめ

ブロックチェーンは、仮想通貨を成立させるための技術であり、仮想通貨は、国や銀行の影響を受けない非中央集権型の新しい通貨です。

この通貨に対して求められているのは、私達の財産を私達自身で管理して守れることです。

それを実現するために考え出されたブロックチェーンの技術的な特徴の一つが分散型台帳システムです。利用する通貨に関する情報を自分達で管理して、不正な改ざんや複製を防いで財産を守っていくシステムは、国や銀行から切り離された独立した通貨となります。

過去の歴史をどれだけ遡ったとしても国や銀行が主体となる中央集権型の通貨しかありません。ですので、仮想通貨は今までの歴史の流れを変える大きな可能性を秘めたものなのです。

  • URLをコピーしました!
目次