MENU

【不動産査定の基礎】不動産を高く売却するためには会社選びが大切?

不動産を売却するなら少しでも高く査定してもらいたいという人がほとんどだと思います。

高く売るためには時間をかけて希望に合う買い手をさがす必要があります。

とても根気のいる取引でもありますので、親身になって対応してくれる不動産会社を味方につけることが大切です。

本記事では不動産の査定にあたって気を付けるべき点を解説します。

目次

不動産売却の3つの方法

不動産を売却する方法として主に「個人間売買」「直接買取」「仲介依頼」という3つの方法に大きく分けることができます。

個人間売買

知人や親せき間で不動産を譲渡するというケースがあります。

気心の知れた相手なら条件の交渉もしやすく、条件さえまとまればスピーディに売買契約まで進めることができます。

ただし個人間で売買するときは法的トラブルに最大限気を付けなければなりません。

「知ってる相手だから」と油断していると、たとえば売買契約後に買主の融資が落ちて代金が支払われない、一方的に解除された、建築できない土地だった、面積が登記簿と異なっていた、などトラブルが発生したときに素人では適切に対応できずに紛争状態に陥ってしまうことが考えられます。

不動産業者は取引相手が決まっているケースにおいても仲介に対応できる不動産会社もありますので、プロに間に入ってもらうことを強くおすすめします。

直接買取業者

個人が所有している不動産を直接買い取るという「買取業者」という選択肢もあります。

買取業者の最大のメリットはスピードです。買取業者の基準を満たす物件であればすぐに売買契約まで進みますし、大手の買取業者だと即日清算に対応していることもあります。

すぐにでも現金化したいという売主にとっては心強い味方になることでしょう。

ただし、査定価格が取引相場よりも低くなりがちというデメリットもあります。

買取業者は、個人から買い取った不動産を改修してエンドユーザーに再販売を行っているケースが一般的です。

再販売時に相場の価格帯で売り出すためには、どうしても相場より安い価格で仕入れる必要があるのです。

買取業者は早く買い取ってくれるメリットがある一方で、査定額が低くなりがちということを覚えておきましょう。

仲介業者に依頼する

仲介業者に売却を依頼し、買い手を探してもらうという方法もあります。

不動産を売却する手段としてはもっとも一般的な方法だと言えます。

買取業者のように一対一の交渉ではなく取引市場から広く買い手を募集するため、売主側から条件の比較がしやすく、希望額で売りやすいというメリットがあります。

その反面、不特定多数の中からもっとも良い条件の買い手を探すのに時間がかかるというデメリットはあります。

また、買い手が決まったときは不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。

時間と経費はかかりますが、少しでも高い金額で売却したいという人には仲介業者への依頼がもっともおすすめです。

不動産会社に仲介を依頼するときの注意点

不動産の売却・査定を不動産会社に依頼するときは、会社の良し悪しの見極めがとても重要です。

依頼するときの注意点について解説します。

不動産会社によって得意分野が異なることがある

ひとくちに不動産会社といっても、その得意分野は多岐に渡ります。

同じ売買専門の会社でも、ある会社は商業ビルの売買に長けていたり、またある会社はマンションの売買に長けていたり、ある会社は更地の売買、ある会社は借地権付き建物の売買…というように、扱っている物件の傾向が会社によって異なることがあります。

得意分野が物件種別に適した不動産会社であれば安心して取引を任せることができます。

査定額に大きな開きがでることがある

不動産会社によって培ってきた取引ノウハウや事例が異なるため、不動産会社によって物件の査定額に開きが出るということも珍しくありません。

可能であれば複数の不動産業者に査定を出してもらい、一番条件に合った会社を選定することが望ましいでしょう。

ただし、不動産会社によっては専任媒介を結びたいがためにあえて相場よりも高い査定額を提出し、募集中に「なかなか売れないので金額を下げてみましょう。」と翻意することもあります。

査定額も大切ですが、それ以上に誠意のある不動産会社かを見極めることが大切です。

不動産会社の担当者との相性

会社選びとあわせて気を付けたいのが不動産会社の担当者との相性です。

担当者との相性が合わないとシビアな相談がしづらかったり、意思の疎通が思うようにいかなかったりします。

大きな財産取引を預けるわけですので担当者との信頼関係は確実に築いておきたいところです。

会ったときのインスピレーションで「この人なら任せられる」と思えるかどうかは大切なポイントです。

査定する不動産会社の探し方

全国にはたくさんの不動産会社がありますので、初めて査定をする人は必ずといっていいほど不動産会社探しに悩みます。

一般的な不動産会社の探し方を紹介します。

インターネット検索から不動産会社を探す

まずはインターネットの検索から不動産会社の情報を収集するという人がほとんどではないでしょうか。

ただ気を付けておきたいのは、あらゆる業者が一斉にヒットするので良し悪しがわかりにくいという点にあります。

様々なジャンルの不動産会社がありますので、検索結果の中から相談内容に合った不動産会社を絞り込んでいかなければなりません。

その会社のホームページなどから情報収集

ネット検索からどのような不動産会社がいるのかが分かったら、それぞれの会社がどんな会社なのかをホームページなどで確認することができます。

会社の実績や得意分野を知ることができるので、相談前には必ずホームページを見ておくことをおすすめします。

ただし、ホームページからはその会社の悪い部分を見極めることは難しいので、その他の情報とあわせて総合的に判断するようにしましょう。

口コミから情報収集

口コミから情報を収集するという人も多いです。

ネットには掲載していない生の意見を行くことができるので、不動産会社選定の際はとても有効な手段だと言えます。

高く売るためには複数の不動産会社を比較することが大切

1社だけの査定結果だと客観的にそれが適正かどうかを判断することは難しいですが、複数社からの査定結果を複合的に比較することで適正価格を知ることができますし、その中から自分に合った会社を選ぶこともできます。

不動産を高く売却したいなら複数の不動産会社を比較することが大切です。

一括査定で業者を比較する

ところがいくつもの不動産会社に直接相談するのは時間も労力もかかりますし、1つの会社に決めたあとの他の会社へのお断りの連絡が大変というデメリットもあります。

そのようなときにおすすめなのが一括査定というツールです。

一括査定ツールならパソコンやスマホの画面から複数の不動産会社に一括で査定依頼を出すことができますし、仮に仲介取引に至らなかったとしても気兼ねなくお断りすることができます。

まとめ

不動産の売却方法には個人売買のほか直接買取や仲介取引という手段がありますが、少しでも高く売却したいなら仲介依頼がもっとも適していると言えます。

ただし、巷には不動産仲介会社がいますので、会社選びがとても大切だということを解説しました。

良い会社にあたるには、複数の会社を比較することも重要です。

情報収集が多いほど良い条件で取引できる可能性が高くなると言えます。

  • URLをコピーしました!
目次