MENU

どうやって不動産屋を選べばいいの?正しい選び方について解説します

日本全国には12万社以上の不動産会社があると言われており、コンビニの店舗数を優に上回っています。

これだけたくさんの不動産会社がありますので、はじめて取引を行う人にとっては悩ましいところではないでしょうか。

不動産会社の中にもいろんなジャンルの業種が存在し、取引内容の得意・不得意も異なります。

また、自分と波長の合う不動産会社を選ぶというのも大切なポイントです。

今回は不動産会社の上手な選び方について解説します。

目次

不動産会社の業種ジャンル

ひとくちに不動産会社といっても、その業種のジャンルは多岐にわたります。

不動産会社に相談するときは、まずは依頼内容に適したジャンルの不動産会社に絞り込んで探すことから始まります。

ここでは大きく分けて「仲介業者」「開発業者」「管理業者」というジャンルについて紹介します。

取引相手とのマッチング=仲介業者

仲介業者は、取引相手とのマッチングや契約締結のお手伝いを行う不動産会社です。

「土地を売りたい」という売主と「土地を買いたい」という買主、また「建物を貸したい」という大家さんと「部屋を借りたい」という入居者のように、各当事者の要望に適した取引相手を探すことが仲介業者の主な業務です。

新しい不動産を生み出す=開発業者

開発業者は、新しい建物をつくって世の中に供給する不動産会社です。

分譲マンションや一戸建てをはじめ、アパート、商用ビル、店舗などその内容は多岐に渡ります。

開発業者は自社で用地を取得して建物を建築しますので、地権者から土地の直接買取を行っていることがあります。

物件の維持管理=管理会社

管理会社は、オーナーに代わって建物の維持管理を行う不動産会社です。

家賃徴収業務をはじめ、建物清掃やメンテナンス・入居者の窓口業務など、建物運営に必要な業務を幅広く担っています。

こんな不動産屋は要注意!

まずはジャンル選定について解説しましたが、絞りこんだ不動産会社の中でさらに「要注意業者」を見極める必要があります。

多くの不動産会社が存在する中で、残念ながらあまり対応がよくない会社が存在するのも事実です。

注意するべき不動産会社の特徴について紹介します。

過去に行政処分を受けている

不動産会社は「宅地建物取引業法」という法律に厳しく縛られており、違反を行うと行政処分(行政指導・営業停止・免許取消など)が下る場合があります。

処分が終了したら何事もなく営業再開している会社もありますが、実は処分の経歴は国土交通省によって公開されており、誰でも検索することができます。

ネガティブ情報等検索サイト(国土交通省)

違反の内容や経緯にもよりますが、基本的に過去に行政処分を受けた会社は要注意です。

広告法に違反している

不動産会社が広告を出すときは「表示に関する公正競争規約」というルールを守る必要があります。誤認を与えるような表現を避けて公平に取引を行うためのルールです。

ところが、不動産会社の中にはこのルールを無視しているケースが珍しくありません。

業界のルールを守れない会社は要注意です。

■NG広告事例・有利な物件と誤解させる根拠のない表現(例:絶対・完璧・抜群・日本一・格安・最高など)・二重価格表現(例:4,000万円→今だけ3,800円!)・おとり広告(実際には募集終了している物件を掲載している)・物件の重要事項が記載されていない広告

口コミが悪い業者

不動産会社の良し悪しを探る上では、これまで取引経験のある人の言葉は信ぴょう性の高い判断材料になります。

身近の人で取引経験のある人から話を聞くことは重要ですし、最近ではインターネットで口コミを知ることもできます。

自分の身の回りからなるべく多くの情報を収集するようにしましょう。

「良い担当者」の特徴

不動産取引をスムーズに進めるためには、不動産会社の担当者との相性もとても重要なカギとなります。

「良い担当者」の特徴について考えてみましょう。

余裕をもって依頼者の利益を考えてくれる

会社にもよりますが、不動産会社の社員は月間の取引ノルマが課せられており契約をとるのに躍起になっているというケースがあります。

余裕のない担当者だと契約先行で話が無理やり進んでしまい、依頼者の利益がないがしろになってしまうことがあります。

何かしら契約日を急かしてくるような担当者は典型的な例です。

余裕をもって依頼者の立場で親身に相談にのってくれる担当者は信頼できます。

デメリットもしっかりと伝えてくれる

信頼ができない営業マンは「メリット」ばかりを説明してしまいがちです。

依頼者が公平な取引を行うためには、メリットだけではなくデメリットも理解していなければ適切な判断ができません。

取引におけるデメリットをしっかりと説明してくれる担当者は信頼できます。

いい不動産会社と出会うためには複数の会社比較が重要

冒頭でもお話したように全国には無数の不動産会社が存在しています。

この中から初っ端からベストな不動産会社と出会う確率は高くありません。

良い不動産会社と出会うためには、複数の不動産会社を比較して、自分に合った一番の会社を選ぶことが大切です。

一括査定のツールを使う方法もある

とは言え、複数の不動産会社を何件もはしごするというのは大変という人もいるのではないでしょうか。

そのような場合は、一括査定などのウェブツールを利用するという方法があります。

一括査定ツールは1回の操作で複数の不動産会社に売却相談ができるというものです。

査定を依頼したら、画面上で売買査定額を提示してくれたり、メールや電話などでやり取りをしたりすることができますので、その中から自分に合った会社を選ぶという方法があります。

たくさんの不動産会社からベストな選択ができるように

世の中にはたくさんの不動産会社がありますので、会社選びの段階で悩んでしまう人が多いのも当然です。

取引を依頼したあとに後悔するということがないよう、慎重に会社選びをしたいところです。

不動産会社を選ぶときは、まず業種ジャンルで絞り込み、その選択肢の中から「要注意業者」は消去法で除外し、最終的に残った会社の中から波長の合う担当者を探すというのがおすすめの流れです。

  • URLをコピーしました!
目次