MENU

不動産の直接買取とは?その特徴とメリットを徹底解説します!

不動産を売るとき「価格」「スピード」のどちらを重視するかによって最適な方法が異なります。

「今すぐ現金化したい」という事情があるときは、仲介よりも直接買い取りの方が適しているかもしれません。

本記事では直接買い取りの特徴などを紹介します。

目次

不動産を売る2つの方法

不動産を売ろうと思ったとき、「売買仲介」「買い取り」という2つの手段があります。

不動産売買仲介

売買仲介は、不動産の仲介専門会社に買い手を探してもらう方法です。

取引市場の数多くのエンドユーザーの中から買い手を見つけるので、売れるまでに時間はかかりますが、うまくいけば好条件で取引ができるという魅力があります。

不動産買い取り業者

一方、不動産会社が買い取る方法があります。

このような不動産会社のことを「買い取り業者」といいます。

専門業者が買い取り可能かどうかを直接判断することとなるので、一定の基準を満たせば契約までスピーディに進められるというのが特徴です。

不動産買い取り業者はなぜ買い取ってくれるのか

専門業者は、既存物件を新しい商品へと改修して再販売することを目的として物件を買い取っています。

商品化するための物件の仕入れとして、不動産を直接買い取っているのです。

不動産買い取り業者に依頼するメリット

ここからは利点を7つのポイントに分けて紹介します。

メリット① 契約までが早い

買い取りは「決まれば契約までのスピードが早い」というのがポイントです。

買い手が個人だと、いろいろな物件を比較したり悩んだりするので、決断までに時間がかかりがちですし交渉が難しくなってしまうこともあります。

基準に適合してさえいれば、即時契約ということもあります。

メリット② 決済までが早い

契約後から決済(代金支払い)までが早いという特徴もあります。

融資を受けず会社の自己資金で代金を払うということも珍しくありません。そのため、早いケースだと契約と同日に決済ということもあるようです。

ただし会社によっては通常の売買と同様、決済まで1~2ヶ月かかることもあります。

必ず契約前にスケジュールを確認しておくようにしましょう。

メリット③ ローン特約無しで契約できることがある

ローン特約とは、「万が一買主の融資審査が落ちたら、契約はなかったことにします」という約束です。

大手業者などの場合、融資を使わないということで最初からローン特約を外すことができることがあります。

売主にとっては「途中で契約を解除される可能性がない」ということは心強いでしょう。

契約時にローン特約の有無を確認するようにしましょう。

メリット④ 契約不適合責任(瑕疵担保責任)無しで契約できることがある

不適合責任とは、「対象物件が契約内容とマッチしていないとき」に売主が負わなければならない責任のことをいいます。

売ったあとに隠れた雨漏り箇所があったり、シロアリ被害が発見されたりすると、あとから不適合責任を負わされるリスクがあります。

不動産のプロと取引をすることになるため、「対象物件が契約内容に適合しているかどうか」ということを隈なく調査した上で購入しており、売主の不適合責任を免除するのが一般的です。

メリット⑤ 買主が不動産のプロなので安心</h3>

買主が不動産のプロであるというのも安心できるポイントの一つです。

前の項目で説明したように、対象物件の調査は業者自身が行いますので、「不適合責任」の問題になりづらいという利点があります。

取引の実績も豊富なため、困ったことがあっても相談しながら契約を進めることができます。

メリット⑥ 情報が出回りにくい

取引を仲介業者に依頼すると、買い手を探すためにインターネットや広告などに情報が掲出され、情報が出回ってしまいやすいのが注意点です。

その点、買い取りならあくまで直の交渉となるため、情報が掲出されることはありません。

知人等に知られずに不動産を売ることができるというのも特徴の一つです。

メリット⑦ 仲介手数料がかからない

仲介手数料がかからないというのも魅力の一つです。

相手は不動産業者ですので、わざわざ仲介業者を間に介していなくても契約事務や決済業務を独自に行うことができます。

ただし、仲介業者から業者を紹介してもらった場合は、手数料を請求されますのでご注意ください。

不動産買い取り業者に依頼するデメリット

前の項目では7つのメリットについて紹介しましたが、反対にデメリットもあります。

利用を検討するなら、両面を理解しておかなければなりません。

デメリット① 相場よりも査定額が安くなりがち

買い取りの価格は、相場価格よりも金額が安くなることがほとんどです。

なぜなら業者は、所有者から買い取った土地・建物に対してお金をかけてコンバージョンを施し、最終的に新しい商品として再販売することを目的として物件を買い取っているからです。

相場の金額で再販売するためには安く買い取らないと採算がとれないのです。

実際、相場よりも5~7割くらいの査定になることが一般的です。

デメリット② どの物件でも買い取りできるわけではない

専門業者は、最終的に再販売することを目的に物件を買い取っています。

そのため「改修して再販売することが可能かどうか」という基準で物件を選定し、要件を満たさない場合は取引自体断られることがあります。

どの物件でも対応できるわけではないということを念頭に置いておかなければなりません。

まとめ

不動産の買い取りはリサイクルショップにたとえられることがあります。

たとえば自分が持っているパソコンを処分するとき、リサイクルショップが買い取ると相場よりも安い金額になることがほとんどです。

ですが、その場ですぐに現金に替えることができますし(即金性)、相手がリサイクルショップなら売った後にトラブルになる可能性も低い(安全性)という特徴があります。

一方で自分が持っているパソコンをオークションサイトで売るとしたら、リサイクルショップよりは高く売れますが売れるまでに時間がかかりますし、パソコンの状態に不備があれば落札者とトラブルになる可能性があります。また、売れたときはオークションサイトへ手数料を払わなければなりません。

不動産の取引も似たようなもので、それぞれに良い点と悪い点があります。

自分の状況や物件の状態に応じて「仲介」か「直接買い取り」か適切な選択ができるようにしましょう。

  • URLをコピーしました!
目次